18/04/2020

スプラウト栽培の方法

ボンジュール!!

フランス在住マッサージセラピスト MEGUMIです。


マクロン大統領からのアナウンスで

5月11日までコンフィヌモン(外出制限)

が延長になったフランスです。

 

都会暮らしや、土がなくても出来る

とっても簡単で栄養たっぷり

スプラウト栽培の方法のご紹介。

 

  1. Grow own Food!!
    栄養たっぶり、家庭スプラウト栽培

 

まずはスプラウトの種を準備します。

フランスならBIOオーガニックショップで

3ユーロくらいで買うことができます。

 

サラダでも火を通しても美味しい緑豆

仏:HARICOT MUNGO

英:MUNG BEANS

あとサンドイッチやサラダに使いやすい

アルファルファも美味しくてオススメです。

 

 

まずスプラウトを清潔な空き瓶の中に入れ

初日のみ、豆の倍以上の水に浸して

ガーゼの布巾をかぶせ輪ゴムで固定して

暗い戸棚の中で1日置きます。

 

寒いところより少し温度が高い方が成長が早いので

オーブンの近くの棚に入れて栽培しています。

アルファルファは種が小さくて

ワサワサ育つので、平たい容器がいいです。

2日目、浸していたお水を捨てて

新しいお水に変えて

水分を切って棚に戻します。

どんどん育てていきたい人は、

この2日目の作業を数日繰り返します。

 

上の写真は3日目のスプラウト。

 

少しずつ根っこが育ってきて、

シャキシャキと食べ頃の状態です。

 

オリーブオイル&バルサミコ酢の

ドレッシングと相性抜群です。

 

日本のモヤシみたく長~く

育てたい場合は大きめの容器に

入れ替えるとさらに成長します。

 

モヤシ炒め、お味噌汁、ナムルなど

食卓やパーティーで簡単に一品プラス

することができてます。

 

写真下のモヤシとアルファルファは

約5~6日くらいです。

 

 

もし3日目のサラダスプラウトの状態を

キープしたい方は冷蔵庫へ移すとスプラウトの

成長をとめて保管することができます。

 

6日目モヤシもこれ以上、放置してしまうと双葉が

でてくるので同じく冷蔵庫へ移して保管してください。

 

手間がかからなくて簡単ですが、

注意点は『毎日のお水交換を忘れないこと』です。

 

都会くらしやアパートなどお庭がない

家でも簡単に育てられる野菜。

 

自分で育てて食べる楽しみは

食育にもつながり植物への愛情や

食べ物へ感謝したり

心がとっても豊かになります。

 

楽しみながら続けられる美味しい健康食生活。

ぜひ、お試しあれ♡

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*☆

南フランスから配信している美容&健康情報、フランス生活、メルマガ会員限定イベント

『無料メールマガジン』ご登録はこちら

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*☆


Leave your comment

Please enter your name.
Please enter comment.

Article Populaire
メールマガジン登録
南フランスから配信している美容&健康情報、フランス生活、イベント等『無料メールマガジン』をお届けしています。